フィンペシア、もう試した?

フィンペシアは抜け毛を止める作用。ミノキシジルには髪の毛を増やす作用があり、相乗効果に期待ができます。

フィンペシアとミノキシジルの併用

男性の多くが悩む薄毛、AGAという症状を改善する際に用いられる医薬品として「フィンペシア」そして「ミノキシジル」という2つの製品があります。

この2つの製品はAGAの治療に非常に優れた効果を発揮する医薬品で、薄毛の症状を抑制しながら発毛が行えるようになっています。

したがって、薄毛の症状を改善したいという時にはこれら2つの製品を使用することにより、頭髪が薄くなるのを抑制しながら、新たな髪を生やせるようになるのです。

しかしこの2つの薬、どうして併用する必要がある医薬品なのでしょうか。

どちらか1つだけでは十分な効果が得られないのでしょうか、そして併用を行っても身体に悪影響はないのでしょうか。

ここではそういったフィンペシアとミノキシジルの併用についての疑問にお応えします。

なぜミノキシジルを使う必要があるか?

最初に紹介するのはミノキシジルをどうして使用する必要があるのか、という点に関してです。

ミノキシジルというのはAGAと呼ばれる男性ホルモンが原因となり発症する脱毛症の改善を行う医薬品です。

この薄毛を改善する際に用いられる医薬品として、ミノキシジルだけではなくフィンペシアと呼ばれるものもあるのですが、どうしてフィンペシアだけではいけないのでしょうか。

その理由として、ミノキシジルとフィンペシアで使用時の効果に大きな違いがあるという理由があります。

ここではそんな2つの薬で違っている作用に付いて、簡単に紹介をしていきます。

AGAの治療を行いたいと思っている人は、一度どういった使用効果の違いがあるのかについて、知って見ましょう。

ミノキシジルで髪の毛が増える

最初に紹介する治療薬はミノキシジルです。

このミノキシジルという成分は元々高血圧の治療薬として開発されていた医薬品で、使用時の効果としては体の血管を拡張させるような効果がありました。

しかしいざ実際に使用され始めてみると、高血圧の改善に用いる降圧作用よりもミノキシジルの副作用である「多毛」という症状に対してフォーカスが当たり、研究を重ねた結果育毛剤として販売が開始され始めました。

使用時の作用について簡単に説明をすると、このミノキシジルというのは体内に吸収されると血管を拡張させはじめます。

すると体中の血管や薬液を塗布した患部の血管が拡張した状態となり、血液が内部をスムーズに行き来するようになります。

そして血液が大量に流れるような状態になり、頭皮の血管や毛細血管に対して髪の成長に必要となる栄養素がやってくるようになります。

そうすると髪の毛根は毛包と呼ばれる部分に対して栄養が供給されるようになり、髪の成長が促進されていきます。

その結果、脱毛症によって短いまま生えてこなくなった髪に対しても栄養が行き渡り、徐々に栄養が行き渡っていき、毛根や毛包という部位が活性化し始め、髪が正常な状態で生えてくるようになるです。

フィンペシアは抜け毛を抑える

次に紹介するフィンペシアですが、このフィンペシアの使用効果として「DHTの原因となる物質の生成抑制」というものがあります。

まずAGAという薄毛の症状ですが、この症状というのは男性の体内に多数存在している男性ホルモン、その中の1つである「DHT」というものが原因となり起こる症状です。

DHTは男性ホルモンの中でも非常に強い効果がある成分です。

この成分が体内で生成されると、毛根の根本にある毛乳頭細胞という部位にある男性ホルモン受容体に結合し初めます。

すると毛根から髪に対して成長を阻害するような信号を送り始め、脱毛の症状が起こるようになります。

では次にフィンペシアですが、このフィンペシアは冒頭にもあるようにDHTの原因となる物質の生成を抑制する効果があります。

DHTという男性ホルモンは、人間の体の中で分泌されるテストステロンという男性ホルモン、そして5α-リダクターゼという酵素が結合する事によって生成されますが、フィンペシアはこの5α-リダクターゼの活動を阻害します。

そうすると体内でDHTが生成されなくなり、髪が抜けていかなくなる、つまり症状の進行抑制が可能となるのです。

つまりフィンペシアで髪の毛は増やせない

ミノキシジルとフィンペシアの使用効果にどういった違いがあるのかを説明しましたが、この効果からも分かるようにミノキシジルには髪を生やす効果がありますが、フィンペシアにはそういうった作用がありません。

したがって、フィンペシア単体でAGAの進行を抑制して抜け毛を減らしながら発毛も行う、というのは不可能なのです。

そしてそれはミノキシジルも同じで、ミノキシジルには髪を生やす効果はないため、抜け毛を防止しながら発毛をすると言うのは、ミノキシジルではできません。

しかしこの2つの医薬品を併用すれば、お互いのメリットを同時に得られるようになるため、非常に便利に利用できるといえます。

こういった理由があるため、ミノキシジルとフィンペシアの併用は非常にオススメなのです。

併用は体に悪影響なし

ミノキシジルとフィンペシアの併用を行う上で不安を感じるものに、体への負担があります。

ミノキシジルとフィンペシアはどちらも非常に効果の強い医薬品のため、併用時に身体に対して何かしらの悪影響が出ないか、といった不安を感じている人は非常に多くいるのです。

しかしこれら2つの医薬品は併用によって悪影響を及ぼすような成分ではなく、むしろお互いの優れた点で相手の難点を補い合うような効果がミノキシジルとフィンペシアにはあります。

したがって、この2つの薬というのは非常に相性が良く、併用して使用することによって悪影響を発生させることなく身体のコンプレックスをしっかりと改善することができるのです。

最中に異常があれば医師に相談

ミノキシジルとフィンペシアは非常に相性がよく、併用の際にはお互いの持つ優れた効果によって、自分の足りていない部分を補い合いながら薄毛の改善が可能となっています。

しかし幾ら薬同士の相性が良くとも、実際に使用した際に身体に対して絶対に悪影響が現れないという保証はなく、体質等によっては何かしらの異変が発生する場合もあります。

そのため、ミノキシジルとフィンペシアを併用した際に何かしらの異変が現れたということに気がついた時には、すみやかに医師への相談を行った後、処置を受けるなどの対処を行うようにしましょう。

外用薬とタブレットならどちらが良いか?

フィンペシアとミノキシジルを併用する際、ミノキシジルの形状をタブレット状の製品にするのか、それとも外用薬にするのか、というのを選ぶ必要があります。

外用薬とタブレットで使用感や使用上の注意が大きく変化します。

たとえば外用薬は副作用が少ない代わりに効果の現れ方が緩やかなものですが、タブレットは副作用が強い半面効果も強いという特徴があります。

そのため、使用するミノキシジルの選択に関してはしっかりと行う必要がありますが、フィンペシアとの併用を行う際にはどちらを使用しても優れた育毛効果が実感できます。

自分にとって最も使用しやすい形状の製品を選んで使用するというのを意識しながら、使用する製品を選ぶようにしましょう。

フィンペシアとザガーロは併用しても良いか?

AGA治療薬として有名なフィンペシアですが、この医薬品と同時に使用しても問題がないか、と言われる製品に「ザガーロ」があります。

ザガーロは有効成分にデュタステリドという成分を使用したAGA治療薬で、通常のAGA治療薬では改善ができないAGAの症状を改善する際に使用され、非常に優れた効果が有ることが知られています。

そんなザガーロとフィンペシア、この2つの製品は併用しても問題ないのでしょうか。

答えとしては実はYesともNoともいうことができませんが、併用しても意味がない、というものになります。

というのも、このフィンペシアとザガーロというのは使用効果や服用後体内で発生する作用というものも同じものなのです。

したがって、どちらの治療薬を使用して体内で発生するのはDHTの生成予防で、効果としては脱毛予防効果のみなのです。

そのため、ザガーロとフィンペシアの併用というのはほとんど意味が無いため、行わないほうが良いと言えるでしょう。

フィンペシアとミノキシジルの同時購入

フィンペシアとミノキシジルの併用を行う際、大切なのは「どちらも同じタイミングで使用し始める」ということです。

この2つのAGA治療薬を同時に使用し始める事によって脱毛を防ぎながらしっかりとした育毛が可能となります。

フィンペシアとミノキシジルはどちらも通販を利用して購入する必要がある医薬品のため、もしこれらの医薬品を購入するのであれば通販を利用することになります。

その際、フィンペシアとミノキシジルを同時に、同じ通販サイトを利用して一度の注文により購入することで、2つの薬が同時に配達されてきます。

もしフィンペシアとミノキシジルの併用を行いたいと考えているのであれば、通販を利用してこれら2つの薬を同時に注文するようにしましょう。