フィンペシア、もう試した?

フィンペシアはある男性ホルモンの働きを抑えて抜け毛を抑える薬です。そのため女性にはほとんど効果がありません。

フィンペシアを使えるのは男性だけ

フィンペシアを使用する上で知っておくべきことに「男性のみが使用できる」という点があります。

一般的な医薬品というのは男性も女性も使用できるものが多くなっていますが、このフィンペシアというのは女性が使用しても効果がない、時には女性の使用によって身体に悪影響が及ぶ場合もあります。

したがって、女性が薄毛の症状に悩んだ際にもフィンペシアの購入というのは行ってはならない、もし購入したとしても使用しては行けないのです。

どうして女性はフィンペシアを使用してはいけないのか、そしてもし女性が薄毛の症状を発症した際には、どういった医薬品を使用して対処をすれば良いのか、といった点に対して説明します。

AGAは男性のみが発症する脱毛症

女性がフィンペシアを使用してはいけない理由、それはフィンペシアで治療できるAGAという薄毛症の発症原因が関係しています。

AGAというのは人間の性ホルモンの中でも男性ホルモンのDHTが原因となり発症します。

DHTは同じく男性ホルモンのテストステロン、そして5α-還元酵素という2つの物質によって作られる男性ホルモンですが、このDHTの基となるテストステロンというのは、男性の身体で多量に分泌されるものです。

したがって、女性の場合はそもそも体内のテストステロン量が少ないため、AGAそのものを発症しないのです。

こういった理由により、体内でDHTが生成されないようにするフィンペシアを使用しても薄毛の治療を行うことはできないため、女性はフィンペシアを使用してはいけない、と祝えているのです。

フィンペシアは女性の抜け毛に効果なし

AGAという症状は男性ホルモンのテストステロンから作られるDHTが原因で発症する薄毛症です。

したがって、元々体内の男性ホルモン量が少ない女性というのはDHTが体内で生成されることは殆ど無く、薄毛治療の際にAGA治療薬のフィンペシアを使用しても、効果がありません。

しかし薄化粧の中には男性が発症するのではなく、女性が発症する薄毛症というものも存在しています。

この症状というのはAGAとはどういった違いがあるのだろうか、という疑問を持っている人もいるので簡単に紹介をします。

女性が発症する薄毛の症状というのは「FAGA(女性男性型脱毛症)」と呼ばれる症状です。

この症状は体内の女性ホルモン分泌量が減少し、ホルモンバランスが乱れることによって発症します。

性ホルモンというのは男性ホルモンと女性ホルモンが存在しており、どちらか片方が増えるともう片方が減少するという特徴があります。

そのため、女性ホルモンが減少すると男性ホルモンが増加していき、活動しやすい状態になります。

その結果、男性ホルモンの活動によって脱毛の減少が発生するようになり、その際に起こる症状がFAGAなのです。

FAGAという薄毛症を改善する際には、体内のホルモンバランスを正して女性ホルモンの分泌量を戻す必要があります。

したがって、FAGAを発症した際にはフィンペシアを使用した治療とは違った方法での治療が必要となるのです。

フィンペシアは女性には危険?

フィンペシアというのは男性ホルモンの活動に対して影響を与える、非常に特徴的な医薬品です。

取り扱いの際には一般の医薬品とは違った注意を払う必要があるのですが、その中でも特に注意すべき点が「女性がフィンペシアの錠剤を服用しない」という物があります。

フィンペシアの有効成分であるフィナステリドというのは女性が服用しても薄毛を改善できないばかりか、身体に対して非常に大きな害をもたらす医薬品となっています。

そのため、女性はフィンペシアの服用を回避する必要があると言われています。

そしてある特定の状態にある女性の場合、フィンペシアとの物理的な接触を行う事によって皮膚からフィナステリドが吸収される恐れがあるため、物理的接触も回避すべきだと言われています。

したがって、フィンペシアというのは基本的には女性が触ってはいけない、そして服用してはいけない医薬品である、という風に言われているのです。

妊娠中、および授乳中は絶対に接触をしてはいけない

フィンペシアを取り扱う上で注意すべき点の1つに「特定の条件に該当する女性がフィンペシアと接触するのを回避する」というものがあります。

この注意点が適応される女性というのはどういった女性なのか、答えは「妊婦及び授乳中の女性」です。

まずフィンペシアという薬の特徴についておさらいですが、このフィンペシアは「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンの生成抑制といった効果があります。

このDHTという男性ホルモンはAGAを引き起こす非常に厄介な男性ホルモンのように思えますが、実は身体にとって非常に重要な役割を持っています。

その役割というのは「胎児の性別を決める」という役割です。

したがって、妊娠中の女性の体内にフィナステリドが吸収されると、血液に乗ってフィナステリドが胎児の体に影響を与え、性器の異常が起こる可能性があるのです。

そして授乳中の女性の場合、身体に吸収されたフィナステリドが母乳を通じて乳児の身体に入り込み、身体に悪影響を与える場合があります。

こういった理由から、フィンペシアとの物理的な接触も回避する必要があると言われているのです。

フィナステリドは皮膚からも吸収されるため、フィンペシアから細かな欠片が落ちてしまった時には、キチンと回収し破棄するようにしましょう。

時と場合を見て、使用を控えることも検討

フィンペシアや有効成分のフィナステリドは女性の体にとって非常に大きなダメージを発生させる恐れがある医薬品です。

したがって、フィンペシアを使用する際には自分の周囲にいる人物の身体の状態にも気を配るなど、細心の注意を払う必要があります。

AGAというのは緊急性の高い症状ではなく、治療をしなければ髪の量は減少し薄くなっていきますが、それが直接命に関わるような事態を引き起こすことはありません。

もし身近なところに妊娠している女性がいる、授乳中の女性がいるという時には、一旦使用を取りやめ、安全に使用できるようになってから再度使用を再開する、というのも検討してみるとよいでしょう。